2021年04月27日

左官塗り

先日、塀の左官塗りの現場を見てきました。
左官とは、壁や床などをコテを使って塗仕上げることで、エクステリアでは塀に多く取り入れられています。
弊社では四国化成の美ブロという商品をよく使用しています。

まずは、お客様がイメージされている曲線を作っていきます。

ミナモト碇本邸_210423_56.jpg

ミナモト碇本邸_210421_15.jpg

次にブロック目地を目地処理剤でフラットにしていきます。下地を丁寧にすると、仕上げもきれいになります。

ミナモト碇本邸_210423_9.jpg

最後に仕上げです。こちらのお客様はコテ跡を残したラフ仕上げという塗り方で仕上げています。

ミナモト碇本邸_210423_14.jpg

完成しました!!

ミナモト碇本邸_210423_0.jpg

パースとイメージ通りの仕上がりになり、お客様にも満足していただけました。

碇本様邸03-3-20アプローチ.jpg

弊社ではお客様のご要望をパースにしてご提案しております。お気軽にお問い合わせください。
posted by フラッシュ at 18:00| 岡山 ☀| Comment(0) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。